スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察の取り調べは「セカンドレイプ」←だから取り調べは適当にすべきって言いたいのか?

http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/watcher/news/20160909/wat1609092010007-n1.htm
信じたくない話ですが、日本は隠れた超レイプ天国です。

認知件数だけで、年間1400件以上。つまり、毎月100件以上のレイプ被害が届けられているのですが、ある2つの調査で明らかにされたのは

「レイプされた女性は自分の中に押しとどめてしまい、被害届けまでは出さない」

と言うもの。

警察での取り調べが完全に「セカンドレイプ」になっている点です。

強姦=レイプは絶対に許されるべきではない凶悪犯罪です。私も娘がいます。 もし娘がそのような被害に会ったら加害者を絶対に許せないことでしょう。

しかし、強姦=レイプは日本では「親告罪(しんこくざい)」と言って、被害者が「私は被害に遭いました」とまず申告する→その後、取り調べに付き合い、洗いざらい、当時の様子を思い出させられ、警察に対して話さなければいけない、などの精神的苦痛を受けます。

当然ですが、必死の抵抗をしていても、相手は男です。筋力で勝てるわけもない女性は時には殴られ、時には無理矢理服を引きちぎられ、恐怖で抵抗できない状態に陥らせられます。そんな女性に対して、警察は当然のような顔をして

「本当に嫌がったの?」

「あなたは手でしごいたの?」

「口でくわえたの?」

など、完全にセカンドレイプと取られてもしょうがない取り調べが3日4日と続くといいます。ちなみに私の取材したある女性は、日本の警察の取り調べにあまりにも絶望し、取り調べの途中で被害届を取り下げ、自分の中で忘れる選択肢を取ることにしました。
(ここまで)

今でも、「合意」していた筈のものが、「レイプされた」って女が騒げば、ただそれだけで警察の捜査が入るし、普通人の沢山いるところでやったり、映像があるわけでもないから、女の歪曲・捏造し放題ってことになるよな。

そういうでっち上げを防止するためには、徹底的且つ詳細に調べるくらいしかないよね。

それを「セカンドレイプ」とか何とか言って、取り調べが簡略化されるなんてことになったらどうなる?

「被害者」と称する女が適当に強姦「被害」をでっち上げ易くなるだけの話で、痴漢同様冤罪だらけになると思うけど、こいつはそういう社会を望んでいるのかね。


スポンサーサイト

中核自衛隊

中核自衛隊は、日本共産党が日本における武力革命を実現するために設置した非合法地下軍事組織。

朝鮮戦争下の1951年、中国共産党の劉少奇が「日本革命は武装革命である。武装闘争を準備せよ」と日本共産党に命令、これを受けて日本共産党は「敵の軍事基地の拠点の麻痺・粉砕」「軍事基地、軍需生産、輸送における多種多様な抵抗闘争」といった「軍事方針」を決定し、それを遂行する「最も初歩的または基本的なもの」として、中核自衛隊を位置付けた。

1952年に入ると、中核自衛隊は在日朝鮮人集団の祖防隊とともに血のメーデー、吹田枚方事件、大須事件と立て続けに暴乱を起している。

しかし、7月に破防法が施行されると、中核自衛隊は各地で孤立し、必要物資を現地調達(=掠奪)に頼っていたため、急速に衰退消滅して行った。

祖国防衛隊(祖防隊)

 祖国防衛隊(略称「祖防隊」)は、日本共産党の全面的支援の下、在日朝鮮人によって1950年に結成された非合法地下組織で、1950年1月、在日朝鮮人犯罪者や密入国者の強制送還に対抗することを目的として結成された。4月には、上部組織として「朝鮮祖国防衛委員会中央本部」が設置された。

 朝鮮戦争が勃発すると、祖防隊はその本来の目的に加えて、日本政府の転覆、朝鮮戦争の後方攪乱を目指して、全国の在日朝鮮人集住地区に訓練所を設置し、密入国者や反日主義者等を祖防隊に引き入れ、日本共産党の非合法武装組織(山村工作隊や中核自衛隊)と共に、日本各地で韓国向け軍需物資の生産拠点の爆破や輸送妨害等暴乱を起した。

 1952年に破壊活動防止法(破防法)が施行されて以降、暴動や非合法闘争に対する当局の対策・取り締まりが強化され、1953年に入ると朝鮮戦争も停戦となったため、祖防隊と共産党による暴乱も次第に下火となり、その後、路線変更して武力闘争を放棄した日本共産党と、あくまでも日本政府の転覆を狙う在日朝鮮統一民主戦線(当時最大の在日朝鮮人集団)との間に溝が生じ、両者の連携は消滅して、1955年に民戦が朝鮮総連に衣替えすると、祖防隊も解散した。


エコテロリスト入館拒否訴訟 太地町に慰謝料命令

http://mainichi.jp/articles/20160326/ddl/k30/040/514000c
 太地町立くじらの博物館の入館拒否を巡る訴訟で、和歌山地裁は町に原告のオーストラリア人、サラ・ルーカスさん(31)への慰謝料の支払いを命じ、憲法違反や外国人差別との主張は退けた。一方、反捕鯨者の入館拒否を英語と日本語で警告したプラカードの記載内容には「憲法上問題がある」として、町に改めるよう求めた。記者会見で、原告側、被告側はそれぞれ「実質的に完全勝訴と思っている」「町の主張は十分認められたと考えている」と述べ、主張は判決後も平行線をたどっている。【倉沢仁志、道岡美波、藤原弘】

 サラさんは2014年2月9日に来館した際、「捕鯨反対の方は入館できません」などと英語と日本語で記載されたプラカードを職員に見せられ入館を拒否された。町側は、入館拒否の理由は人種差別ではなく、拒否4日前にもサラさんらが館内で取材をしていたことから、他人の迷惑になる恐れがあると判断したものと主張していた。

 判決言い渡し後、原告側はサラさんと高野隆弁護士が、和歌山市の和歌山弁護士会館で記者会見。サラさんは判決について、「反捕鯨の思想を持っている人の入館拒否を違法としたことは評価している」と話した。また高野弁護士は「判決は入館拒否に正当な理由がない、憲法上の権利の侵害と認めている」と評価した。

 一方、入館拒否の違法性以外の主張は退けられた。高野弁護士は「端的な行為で差別を認めなかったのは残念だが、判決ではあえてプラカードへの警告を発している。今までの博物館の差別的取り扱いを認めたと評価できる」と指摘。サラさんは近く博物館を訪れる考えを示し、「判決によって町の姿勢は変わると思うし、既に変わっているところもあると思う」と語った。
(ここまで)

 テロリストの入館拒否は当然のことで、この判決は不当極まりないものと断じざるを得ません。

 このテロリスト、サラ・ルーカスってのはこいつですね。
sara

 この女、近日中に博物館に乗り込むつもりとのこと。

 このテロリストに徹底的に抗議と批判を浴びせましょう!また、この女の行動を徹底的に監視しましょう!


南極大陸の氷、「実は増加していた」 NASA

http://www.cnn.co.jp/fringe/35072954-2.html
過去10年以上にわたる研究では、南極大陸やグリーンランド、世界各地の氷河から溶け出した氷が、海面の上昇を引き起こしているとされてきた。西南極の氷床が融解すると、地球の海面は約3メートル上昇するといわれている。しかし新たな研究結果では、南極大陸は差し引き計算すると全体として氷が増えているため、海面上昇の要因ではないことになる。
(ここまで)

地球は温暖化どころか寒冷化しているというのが実際だと思いますが、ここ最近になって、ようやく温暖化論者にとって不都合な事実が続々と明らかになってきてますね。

これはEUのせこい詐欺で決まりでしょう。


プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。