スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密結社のつくり方 ~位階~

 位階は、儀礼、符丁と並ぶ秘密結社の最も秘密結社らしい道具または仕掛けと言えます。といっても、どういう位階を設定すれば良いか戸惑ってしまう人もいるかと思いますので、以下いくつか例示しましょう。

フリーメイソン:徒弟、職人、親方
薔薇十字団:参入者、熱心者、教義者、実践者、哲学者、小達人、大達人、被免達人
黄金鷲騎士団:巡礼、騎士、十字軍
カルボナリ党:徒弟、親方


スポンサーサイト

秘密結社のつくり方 ~符丁~

 前回、儀礼について紹介しましたが、儀礼と並んで最も秘密結社「らしさ」を表すことのできるものが符丁です。フリーメイソンは握手をしただけで、互いがフリーメイソンであることがわかるようにしていますし、そればかりでなく、互いの位階まで認識することができます。ナチス式の敬礼なども符丁の一種といって良いと思います。

 他には集会所を「ロッジ」とか「山小屋」と呼ぶように仲間内だけで通用する用語や挨拶をつくるのも良いでしょう。


秘密結社のつくり方 ~儀礼~

 次は儀礼です。儀礼は加入時や位階上昇時に実施される儀式です。結社の「歴史」に関係のある内容であることが多いようです。

 儀礼は娯楽の少なかった19世紀にあっては、結社に加入する大きな動機になっていたようで、結社員たちは自らの属する「秘密」結社の制服を着て、誇らしげに街中をパレードしていたといいます。

 そういうわけで、19世紀とは比較にならないほど娯楽に溢れている現代においては、敢て儀礼を設ける必要はないかもしれません。そのほうが、ネット中心の活動にすることだってできるわけですから、活動様式の選択肢も増えるというものです。


秘密結社のつくり方 ~規則~

 これまで、名称、目的、歴史、紋章を造ってきました。次に規則をつくりましょう。政治目的を持っていたカルボナリ党や暴力団・マフィアのような例外はありますが、基本的に秘密結社は共同体や企業に代表される法人といった組織よりも統制の緩やかな集団ですから、一定のルールが必要です。

 規則としては、(1)入会資格、(2)遵守事項、(3)違反に対する罰則、(4)会計、(5)位階といったところでしょうか。このうち(1)~(3)について簡単に触れておきましょう。

 まず入会資格、これは魔術系団体以外では「成人男性」で「一定の保証人がいる」こととしている団体が多いようです。

 次に遵守事項、これは集会場や拠点で行ってはいけないことや、会員名称や儀礼・位階といったものを外部へ洩らしてはならないということが定められます。

 最後に罰則ですが、遵守事項を守らなかった場合に課されます。通常、最も重いのは「追放」です。もちろん、政治結社や暴力団・マフィアの場合はこの限りにあらずでしょうが、、


秘密結社のつくり方 ~紋章~

 次に紋章を作りましょう。紋章は名称と並ぶ秘密結社の顔ですので、インパクトのあるものか、壮麗な印象を与えるものにしましょう。

 壮麗な印象のものとしては、いわゆる騎士団風のものが良いでしょうが、ライオンやら何かの植物やらがゴチャゴチャしているものが多く且つどれも似ているのが難点です。それに比べてインパクトのあるものは単純なものが多いので、こちらの方が良いかもしれません。

 インパクトのあるものとしては、やはり何といってもフリーメイソンでしょう。単純なコンパスと直角定規の組合せに過ぎず、麗しさの欠片もありませんが、なぜか印象に残ります。


569px-Square_compasses_svg.png


プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。