スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義和団の乱 その4 ~北京陥落~

 清は各国に宣戦布告して以来、各地から北京へ兵力の結集を図り、各国軍が北京城外に迫った1900年8月13日時点で、北京には皇帝親衛軍たる八旗、神機営、虎神営の兵22,500に加え、甘粛提督(省軍管区司令官、武従一品)董福祥(回族)の武衛后軍6,000、軍機大臣(宰相)栄禄(満人)の武衛中軍10,000、浙江提督馬玉崑率いる武衛左軍の残存兵2,000、計約40,000の外、義勇兵や義和団を合せると約70,000の兵力がありました。

 しかし、8月13日に各国軍が北京城外に達するや、政府高官らはわれ先に逃亡し、15日には最高実力者西太后自身が約100人の従者とともに西方へ逃亡したため、清軍も一気に崩れて逃亡し、部署を離れなかったのは僅かに武衛后軍と義和団のみという有様でした。

 そのため、各国軍は14日には外城を占領して内城に突入、15日には内城も占領して、ここに義和団の乱は清の敗北に終りました。

 乱後の講和会議において、西太后は全ての責任を高官たちに押し付け、自分は無傷で済ませようとしたため、各国の言いなりに賠償したのはもちろん、義和団員を片っ端から逮捕処刑したばかりか、ロシア軍による義和団員の大量摘発と処刑も黙認しました。このように、義和団の乱はシナにおける「愛国無罪」の始まりで、その末路は悲惨極まりないものでした。


imagesCA5K5ATA.jpg
義和団


スポンサーサイト

義和団の乱 その3 ~各国軍北京に迫る!~

 義和団によって外国人殺害、教会破壊に加え、公使館まで包囲されるに至って、各国は出兵を決定、6月17日には天津近くの砲台を占領しました。これに対して、当時の清廷の再興実力者西太后は6月21日、各国に対して宣戦布告、義和団も各国公使館に対する攻撃を開始しました。

seitaigou.jpg
西太后

 6月末、各国軍は約9,000の兵力を以て、清軍と義和団約24,000の守る天津を攻撃、7月11日には天津城外に迫って、13日に天津城を攻略しました。

 7月30日、増援を得た各国軍は数千の兵を天津に残置し、残りの約20,000を以て北京に向けて進撃しました。途中清軍は2度ほど防衛線を敷いて、各国軍の進撃を食い止めようとしましたが、兵の大多数は戦う前に逃亡してしまい、各国軍は、8月13日には早くも北京城外に到達しました。

 

義和団の乱 その2 ~義和団、山東から離脱~

 山東省の官憲は義和団に好意的で、団練(自警団)に編入したため、このときから正式に「義和団」となりました。

 ところが、袁世凱が山東巡撫(省長官、文従二品)に就任すると、方針を一変させ、義和団を徹底的に弾圧し始め、著名な義和団の首領たちを殺害したため、義和団は北京・天津方面へ脱出し、山東の義和団が急速に退潮に向う一方で、義和団運動の中心は北京・天津のある直隷省に移りました。

 1900年5月末、義和団は北京郊外に到達して鉄道や電柱を破壊、6月初には北京市内に入って、教会や洋品店等を破壊し、各国公使館を包囲攻撃するに至りました。漢人民衆による外国人殺害、教会等の破壊に加えて外国公使館襲撃が清廷のお膝元で起きたとは驚きです(最近の反日暴動を知っていれば意外でも何でもないかもしれません)が、このとき清廷では、義和団取締を主張する一派と、義和団を利用して外国を追い払うことを目論む一派とに分かれて抗争中でした。(続く)


義和団の乱 その1 ~義和団出現の背景~

 義和団は19世紀末の山東省で発生した武術結社の一つです。当時、山東省には天主教やキリスト教の宣教師が多数進出し、飢饉や天災によって没落した人々や、官憲から迫害されていた白蓮教徒等がこれら教会の庇護下に入り、教会の勢力を背景にして、地主や一般の漢人たちと抗争していました。これを教案といいますが、教案が多発するようになると、一般の漢人たちの間に、教会に頭の上がらない官憲に対する失望と、西洋及び天主教・キリスト教に対する反感が広まって行きました。

 頼りにならない官憲に代って、教会との抗争の矢面に立ったのが義和団で、元々は太平天国に始まる大動乱の結果極めて治安が悪化したため、一般民衆や白蓮教徒が武術を修練して、自力救済を実現しようとしたものと思われます。

 清の地方官憲の義和団に対する姿勢は統一されておらず、袁世凱のように徹底的に弾圧する官吏もいれば、義和団が教会を攻撃する限りにおいては、取り締まらない官吏もおり、どちらかといえば後者の方が多かったといえます。その結果、義和団は急速に勢力を拡大し、遂には清朝自身が義和団を支持して、列強に宣戦布告するという事態に至ります。


プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。