スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコテロリスト入館拒否訴訟 太地町に慰謝料命令

http://mainichi.jp/articles/20160326/ddl/k30/040/514000c
 太地町立くじらの博物館の入館拒否を巡る訴訟で、和歌山地裁は町に原告のオーストラリア人、サラ・ルーカスさん(31)への慰謝料の支払いを命じ、憲法違反や外国人差別との主張は退けた。一方、反捕鯨者の入館拒否を英語と日本語で警告したプラカードの記載内容には「憲法上問題がある」として、町に改めるよう求めた。記者会見で、原告側、被告側はそれぞれ「実質的に完全勝訴と思っている」「町の主張は十分認められたと考えている」と述べ、主張は判決後も平行線をたどっている。【倉沢仁志、道岡美波、藤原弘】

 サラさんは2014年2月9日に来館した際、「捕鯨反対の方は入館できません」などと英語と日本語で記載されたプラカードを職員に見せられ入館を拒否された。町側は、入館拒否の理由は人種差別ではなく、拒否4日前にもサラさんらが館内で取材をしていたことから、他人の迷惑になる恐れがあると判断したものと主張していた。

 判決言い渡し後、原告側はサラさんと高野隆弁護士が、和歌山市の和歌山弁護士会館で記者会見。サラさんは判決について、「反捕鯨の思想を持っている人の入館拒否を違法としたことは評価している」と話した。また高野弁護士は「判決は入館拒否に正当な理由がない、憲法上の権利の侵害と認めている」と評価した。

 一方、入館拒否の違法性以外の主張は退けられた。高野弁護士は「端的な行為で差別を認めなかったのは残念だが、判決ではあえてプラカードへの警告を発している。今までの博物館の差別的取り扱いを認めたと評価できる」と指摘。サラさんは近く博物館を訪れる考えを示し、「判決によって町の姿勢は変わると思うし、既に変わっているところもあると思う」と語った。
(ここまで)

 テロリストの入館拒否は当然のことで、この判決は不当極まりないものと断じざるを得ません。

 このテロリスト、サラ・ルーカスってのはこいつですね。
sara

 この女、近日中に博物館に乗り込むつもりとのこと。

 このテロリストに徹底的に抗議と批判を浴びせましょう!また、この女の行動を徹底的に監視しましょう!


スポンサーサイト

南極大陸の氷、「実は増加していた」 NASA

http://www.cnn.co.jp/fringe/35072954-2.html
過去10年以上にわたる研究では、南極大陸やグリーンランド、世界各地の氷河から溶け出した氷が、海面の上昇を引き起こしているとされてきた。西南極の氷床が融解すると、地球の海面は約3メートル上昇するといわれている。しかし新たな研究結果では、南極大陸は差し引き計算すると全体として氷が増えているため、海面上昇の要因ではないことになる。
(ここまで)

地球は温暖化どころか寒冷化しているというのが実際だと思いますが、ここ最近になって、ようやく温暖化論者にとって不都合な事実が続々と明らかになってきてますね。

これはEUのせこい詐欺で決まりでしょう。


商業捕鯨再開へ?

首相、商業捕鯨再開へ強い意欲 国際社会の理解へ「努力、一層強めたい」

 調査捕鯨なんて、如何にも官僚の好みそうな姑息な手段ではなく、最初から商業捕鯨に拘っておくべきでしょう。官僚たちにとっては、利権か何かあったのかもしれませんがね。


「南極海での日本の調査捕鯨は国際法違反」 by ICJ

http://www.asahi.com/articles/ASG305TK7G30UHBI014.html
 南極海での日本の調査捕鯨は国際法に違反するとして、オーストラリアが即時中止を求めて起こした訴訟の判決が31日、オランダの国際司法裁判所(ICJ)であった。ペテル・トムカ裁判所長は、最大1035頭の枠で実施している現在の調査捕鯨は「科学目的のためとは言えない」として、中止を命じた。事実上、日本が全面敗訴した。

 日本政府は、現在の捕獲枠を大幅に減らした計画書を国際捕鯨委員会(IWC)に届け出て、再開を模索することになりそうだが、IWCの半数以上は反捕鯨国で、理解を得るのは難しそうだ。
(ここまで)

 捕獲枠を大幅に減らして再開って、これを大真面目にやろうとしていないことを願いたいものです。そうではなく、韓国のように「混獲」と称して、どんどん捕獲して行けば良いのです。反捕鯨国やシーシェパードに代表されるエコテロリストから集中砲火を浴びている日本よりも、どこからも批判されていない韓国の方がずっと多くの鯨を捕獲しているのです。

 日本人はルールを守ることが大好きですが、ここは見方を変えて「如何に破るか」を追求してみてはどうですかね?


グリーンピースの拿捕船から麻薬物質、露当局が押収

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131010/erp13101009520002-n1.htm
 【モスクワ=佐々木正明】国際環境保護団体グリーンピースの活動家らがロシアのバレンツ海沖を船で航行し、建設中の海上石油掘削基地に立ち入った事件で、拿捕(だほ)した船を調べていた露治安当局は9日、船の中から「けしの茎」か「モルヒネ」とみられる麻薬成分の入った物質を発見、押収したと発表した。

 一方、グリーンピースは同日、声明を出し、押収されたのは航海上、義務づけられている医薬品であり、違法薬物ではないと主張。海賊行為容疑で活動家30人を逮捕したことに対する国際的な批判をそらすための、露当局による「でっちあげだ」と反論した。
(ここまで)

 逮捕されたのがグリーンピースでなければ、「でっち上げ」という反論にも一定の説得力がありますが、グリーンピース自体、日本捕鯨協会に侵入して窃盗行為を働いたという「実績」を有する札付きのエコテロリズム集団だから信用できませんね。

 ただ一つだけグリーンピースを評価できる部分があるとすれば、日本のような報復の恐れのない対象ばかりを「攻撃」するシーシェパードと異なって、中国ほどの無法国家ではないにしろ、強面のロシアに対して挑発行為に出たというところですかね。


プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。