スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国光復軍

 韓国の国定歴史教科書には、第二次大戦において韓国は「連合国に属して戦った」と、余りにも堂々と捏造された記述が登場します。そして、その「根拠」は2つあり、1つは内紛に明け暮れる以外何もしなかった「大韓民国臨時政府」が対日宣戦を「布告」したこと、もう1つが今回の主題の「韓国光復軍」です。

 「韓国光復軍」は1940年9月17日に重慶で設立された「大韓民国臨時政府」の「軍」で、これ自体は捏造ではなく実在しました。しかし、設立から1年以上経っても、その兵員は300人程度で、アメリカや中国にとっての宣伝材料以外には使い道のない「軍」だったというのが実態です。もちろん、韓国の国定歴史教科書にはそのようなことは記載されていません。

 「韓国光復軍」の兵員数は、第二次大戦末期に至って、南洋や中国で米軍等の捕虜となった韓国人の補充により2,000人に増加しましたが、結局終戦まで実戦に参加することなく、解散しています。


スポンサーサイト
プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。