スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察の取り調べは「セカンドレイプ」←だから取り調べは適当にすべきって言いたいのか?

http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/watcher/news/20160909/wat1609092010007-n1.htm
信じたくない話ですが、日本は隠れた超レイプ天国です。

認知件数だけで、年間1400件以上。つまり、毎月100件以上のレイプ被害が届けられているのですが、ある2つの調査で明らかにされたのは

「レイプされた女性は自分の中に押しとどめてしまい、被害届けまでは出さない」

と言うもの。

警察での取り調べが完全に「セカンドレイプ」になっている点です。

強姦=レイプは絶対に許されるべきではない凶悪犯罪です。私も娘がいます。 もし娘がそのような被害に会ったら加害者を絶対に許せないことでしょう。

しかし、強姦=レイプは日本では「親告罪(しんこくざい)」と言って、被害者が「私は被害に遭いました」とまず申告する→その後、取り調べに付き合い、洗いざらい、当時の様子を思い出させられ、警察に対して話さなければいけない、などの精神的苦痛を受けます。

当然ですが、必死の抵抗をしていても、相手は男です。筋力で勝てるわけもない女性は時には殴られ、時には無理矢理服を引きちぎられ、恐怖で抵抗できない状態に陥らせられます。そんな女性に対して、警察は当然のような顔をして

「本当に嫌がったの?」

「あなたは手でしごいたの?」

「口でくわえたの?」

など、完全にセカンドレイプと取られてもしょうがない取り調べが3日4日と続くといいます。ちなみに私の取材したある女性は、日本の警察の取り調べにあまりにも絶望し、取り調べの途中で被害届を取り下げ、自分の中で忘れる選択肢を取ることにしました。
(ここまで)

今でも、「合意」していた筈のものが、「レイプされた」って女が騒げば、ただそれだけで警察の捜査が入るし、普通人の沢山いるところでやったり、映像があるわけでもないから、女の歪曲・捏造し放題ってことになるよな。

そういうでっち上げを防止するためには、徹底的且つ詳細に調べるくらいしかないよね。

それを「セカンドレイプ」とか何とか言って、取り調べが簡略化されるなんてことになったらどうなる?

「被害者」と称する女が適当に強姦「被害」をでっち上げ易くなるだけの話で、痴漢同様冤罪だらけになると思うけど、こいつはそういう社会を望んでいるのかね。


スポンサーサイト
プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。