スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真言立川流

 真言立川流は真言宗の一派で、鎌倉時代に開かれたと言われています。その教義は理趣経という経典を根拠として、性交によって悟りを開くというもので、南北朝時代、南朝に味方した文観の時代に最盛期を迎えました。

 しかし、南朝の天下は短命に終り、南朝の衰退とともに立川流も衰退して行きます。この頃から髑髏本尊とそれにまつわるおどろおどろしい説が唱えられるようになり、その説を根拠として激しい弾圧が加えられ、江戸時代前期頃に絶滅したと言われています。

 絶滅の「原因」とされた髑髏本尊とは、高貴な人々1,000人分の髑髏を集め、それに和合水と称する精液と愛液の混ざった液を何千回も塗って製作されるとされていますが、もちろんこんなものは、立川流を邪教として弾圧するための口実でしょう。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【真言立川流】

 真言立川流は真言宗の一派で、鎌倉時代に開かれたと言われています。その教義は理趣経という経典を根拠として、性交によって悟りを開くというもので、南北朝時代、南朝に味方した文観の時代に最盛期を迎えました。 しかし、南朝の天下は短命に終り、南朝の衰退とともに...

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。