スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“売国”駐中国大使を更迭へ!国会閉会後に

 まあ当然でしょう。この札付きの親中売国奴を見かけたら、タマゴでも何でもぶつけてやりましょう。

images.jpg
親中売国奴

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20120723012/1.htm
 政府は23日までに、9月の通常国会閉会後に丹羽宇一郎駐中国大使を交代させる方針を固めた。事実上の更迭で、後任の調整作業を急いでいる。丹羽氏は6月、英紙のインタビューで、東京都による沖縄・尖閣諸島購入計画を批判した。野田佳彦首相は尖閣諸島の国有化に意欲を示しているが、都の購入計画を批判した丹羽氏の続投は、政府方針に矛盾すると判断した。

 政府高官は産経新聞の取材に対し、「正式決定は通常国会の会期(9月8日)終了後になる」と述べた。外務省幹部は「日中国交正常化40周年がいい区切りだ」と述べ、実際の交代は40年前に日中共同声明が署名された9月29日以後になるとの見通しを示した。

 丹羽氏は6月7日付の英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで、都の購入計画について「日中関係に極めて深刻な危機をもたらす」と発言した。

 政府は、丹羽発言について「政府の立場とは異なる」として、丹羽氏に口頭注意したほか、今月15日には玄葉光一郎外相が丹羽氏を一時帰国させ、日本政府の考え方を中国側に正しく伝達するよう指示していた。

 今後、尖閣国有化の手続きが進むことに中国の反発が強まることが予想されるなか、丹羽氏の続投は困難だと判断した。「野田首相自身の意向が大きい」(政府関係者)とされる。

 ただ、丹羽氏については、民主党政権が「政治主導」の象徴として、民間から起用した経緯があることから、他の外務省幹部人事と同時に交代させることで、“更迭色”を薄める方向で検討している。
(ここまで)

 この親中売国奴の存在それ自体が国益を損なっているにもかかわらず、この期に及んでもなお面子に拘っているのには、ただただ呆れるばかりです。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。