スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義和団の乱 その1 ~義和団出現の背景~

 義和団は19世紀末の山東省で発生した武術結社の一つです。当時、山東省には天主教やキリスト教の宣教師が多数進出し、飢饉や天災によって没落した人々や、官憲から迫害されていた白蓮教徒等がこれら教会の庇護下に入り、教会の勢力を背景にして、地主や一般の漢人たちと抗争していました。これを教案といいますが、教案が多発するようになると、一般の漢人たちの間に、教会に頭の上がらない官憲に対する失望と、西洋及び天主教・キリスト教に対する反感が広まって行きました。

 頼りにならない官憲に代って、教会との抗争の矢面に立ったのが義和団で、元々は太平天国に始まる大動乱の結果極めて治安が悪化したため、一般民衆や白蓮教徒が武術を修練して、自力救済を実現しようとしたものと思われます。

 清の地方官憲の義和団に対する姿勢は統一されておらず、袁世凱のように徹底的に弾圧する官吏もいれば、義和団が教会を攻撃する限りにおいては、取り締まらない官吏もおり、どちらかといえば後者の方が多かったといえます。その結果、義和団は急速に勢力を拡大し、遂には清朝自身が義和団を支持して、列強に宣戦布告するという事態に至ります。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。