スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義和団の乱 その2 ~義和団、山東から離脱~

 山東省の官憲は義和団に好意的で、団練(自警団)に編入したため、このときから正式に「義和団」となりました。

 ところが、袁世凱が山東巡撫(省長官、文従二品)に就任すると、方針を一変させ、義和団を徹底的に弾圧し始め、著名な義和団の首領たちを殺害したため、義和団は北京・天津方面へ脱出し、山東の義和団が急速に退潮に向う一方で、義和団運動の中心は北京・天津のある直隷省に移りました。

 1900年5月末、義和団は北京郊外に到達して鉄道や電柱を破壊、6月初には北京市内に入って、教会や洋品店等を破壊し、各国公使館を包囲攻撃するに至りました。漢人民衆による外国人殺害、教会等の破壊に加えて外国公使館襲撃が清廷のお膝元で起きたとは驚きです(最近の反日暴動を知っていれば意外でも何でもないかもしれません)が、このとき清廷では、義和団取締を主張する一派と、義和団を利用して外国を追い払うことを目論む一派とに分かれて抗争中でした。(続く)


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。