スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都議定書を巡る立場の基本形 その1

 国連気候変動枠組条約では、先進国とG77+中国との対立が基本形です。
G77+中国の基本認識は次の通り。
1.18世紀以降の先進国における工業化こそが今日の環境問題の元凶であり、
2.先進国の環境保護主義者は自らの過剰な資源消費を棚に上げて、途上国の資源利用を批判し、開発を妨害している。

 この認識に基づいて、G77+中国は、先進国と同等の二酸化炭素排出削減義務を負わない、と主張しています。(続く)


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。