スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲南夷族蜂起 その1

 雲南では、杜文秀の指導する回族蜂起に呼応して複数の少数民族や白蓮教、天地会が蜂起しましたが、中でも大理南方の哀牢山における夷族蜂起はその最大規模のものでした。

 最初に蜂起したのは1853年のことで、漢人地主劉宇静の収奪にたまりかねた夷族が杞彩順を指導者として蜂起しました。続いて回族蜂起が活発化した1856年4月7日、弥渡県において夷族5,000人が李文学を指導者として蜂起し、漢人地主藩雲渓、李丕を殺害しました。李文学に蜂起を促したのは太平軍出身の帳前文書王泰階(漢人)、侍衛李学東(夷族)でした。

 李文学は夷家兵馬大元帥を称し、蜜滴村に帥府を、主要な拠点に都督府を設置しました。主要な幹部とその官爵は次の通り。

 夷家兵馬大元帥李文学
 参軍王泰階(漢人)
 上将軍李学東
 左将軍羅自美
 右将軍李学明
 付参軍兼左都督杞紹興
 付参軍劉柄賢
 右都督徐東位
 南都督杞彩順
 付将軍魯得盛、魯発美、李明学、字阿烏、字安東、杞彩雲
 督糧官魯東応


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。