スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「純金買ったら2年でサビた」消費者がクレーム=中国

http://topics.jp.msn.com/world/china/article.aspx?articleid=1614018
 中国メディア・中国新聞社は13日、中国国内で購入した純金製品を2年間銀行で保管したところサビが発生したとして、消費者がクレームをつける騒動が発生したことを報じた。

 記事は、中国国内のある消費者が、2010年に北京市大興区にあるデパートで約20万円で購入し、すぐに銀行に預けた50グラムの純金製「金元宝」(古代中国の貨幣を模したもので、財運を高める縁起物とされる)を昨年12月に確認したところ、本体上部に赤い斑点とサビが見つかったと訴えたことを紹介した。

 この「金元宝」を製造したとされる中国黄金グループは12日、「われわれの製品であると確認できた場合、規定に基づき同等の規格、品質の新品と交換するか、現在の金価格にて買い取る」との声明を発表した。しかし同社によると、消費者は問題の品を国の品質検査機関による検査に提出することを拒んでいるという。

 同社の関係者は、製品問題を処理するには国家機関の検査を受ける必要があると語るとともに「斑点が生産時の問題によるものか、保管時の問題によるものか検査で証明する必要がある」とコメントした。(編集担当:柳川俊之)
(ここまで)

 クレームを入れた消費者が検査を拒否していることから詐欺の可能性もありますが、「赤い斑点」が出るというのは、中国政府発行のパンダ金貨を購入した人から、以前聞いたことがあります。

 金地金にしろ金貨にしろ、普通は「赤い斑点」など出ません。おそらく製造時に何らかの不純物が混っているか、ニセモノかと思われます。まあ、資産運用の目的で購入するのであれば、中国製など購入しないに越したことはありません。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。