スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捻軍蜂起 その5

 1866年秋より、太平軍と捻軍の連合軍は、梁王張宗禹、幼沃王張禹爵率いる西捻軍と、遵王頼文光、魯王任化邦率いる東捻軍とに分れ、西捻軍は陝西に向って回族蜂起軍との合流を試み、東捻軍は湖北から四川に入って拠点確保を図りました。

 しかし、東捻軍は四川の拠点化に失敗し、1867年6月、山東に入って物資を獲得しようとしましたが、背後から清軍が東捻軍を山東に閉じ込めるべく包囲作戦に出たため、反転して脱出を試みたところに、11月中旬、湖広総督李鴻章率いる淮軍の攻撃を受けて大損害を被り、ここで魯王が戦死しました。12月、敗れた東捻軍は大運河の突破を試みたものの失敗したため、大運河に沿って揚州まで南下し、1868年1月5日、揚州東北の大運河において淮軍の総攻撃を受けて壊滅しました。遵王頼文光も重傷を負って捕えられ、誘降を拒否して処刑されました。

 一方の西捻軍は1867年1月、西安に迫り、陝甘総督(陝西・甘粛両省長官)左宗棠率いる湘軍と交戦した後、12月、陝西から山西、河南を経て直隷に入り、1868年1月には北京郊外盧溝橋に達しましたが、清軍が防備を堅めていたため反転し、山東の東昌で大運河を越え、4月、天津に迫りました(この途中で幼沃王張禹爵、淮王邱遠才戦死)。しかし、ここも堅く防禦されていたため、反転して大運河に達しましたが、既に大運河に沿って防衛線が布かれていたため、ここで7月から約2ヶ月に亘る戦闘の末壊滅し、梁王張宗禹は行方不明となりました。ここに太平天国に次ぐ規模の十数年に及ぶ捻軍蜂起は終りを告げました。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。