スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六天神社

 第六天神社の祭神は、あの織田信長が自称した第六天魔王で、全国各地にあります。第六天魔王というのは、仏教の天の一つですから、神道の神ではないのですが、こと宗教に関する限り何でもありの日本では、そのようなことを気にすることはなかったようです。

 とはいえ、宗教に関するあまりの節操のなさに呆れたのでしょうか?明治新政府によって神仏分離令が発布されると、殆どの神社が祭神を面足命・惶根命(オモダル・アヤカシコネ)という余り有名でない神々に変更して現代に至っています。

 さて、この面足命・惶根命(オモダル・アヤカシコネ)、どういう神々かと言いますと、神代七代のうちの六代目の神々で、「六」つながりということで、第六天魔王に比定したということのようです。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。