スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀尾井坂の変

 1878年5月14日、内務卿大久保利通が石川県士族島田一郎らによって紀尾井坂で暗殺されました。これを紀尾井坂の変と言います。

 大久保を暗殺したのは、石川県士族島田一郎、長連豪、杉本乙菊、脇田巧一、杉村文一及び島根県士族浅井寿篤の6名で、首謀者は島田と長でした。

 島田と長は西郷隆盛の征韓論に共鳴して、西南において士族反乱が続発した頃から、石川県でも蜂起しようと計画していましたが、思うように人数が揃わないうちに、西南戦争の大勢が決してしまったため、目標を蜂起から政府首脳部暗殺に切り替えたと言われています。

 彼らの暗殺計画は警察に漏れていましたが、当時の警察長官川路利良が「石川県人に何ができる?」と彼らを見くびって対処しなかったため、暗殺を防ぐことはできませんでした。当時から日本人の情報軽視には深刻なものがあったようです。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。