スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場ヶ原

 栃木県日光市の西北に「戦場ヶ原」という地名があり、ここは観光名所ということで、関が原のような有名な戦場跡だとばかり思っていましたが、戦場は戦場でも、古代の神々がここを戦場として戦ったという神話(あるいは伝承)から「戦場」ヶ原と名付けられました。

 戦った神々は、下野国の二荒神(二荒山)と上野国の赤城神(赤城山)と言われており、江戸時代以降、徳川家康の従神の位置付けに貶められている二荒神は、東照社ができるまでは、主神だったことがわかります。、

 戦場ヶ原は標高約1,390~1,400メートルの平坦地に広がる400ヘクタールの湿原で、年間を通じて降雨が多い一方、冬には旭川並みの気温マイナス20度を記録するほどの厳しい自然環境のためか、自然がよく残されています。


300PX-~1
戦場ヶ原


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。