スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有頂天

 有頂天は仏教の須弥山世界における天界の最高位に位置する天の俗称で、正式には非想非非想天と称します。天界には、下から欲界、色界、無色界の三界があります。

 欲界は欲望に満ちた世界で、この世界には下位の天の他、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄も含まれます。色界は欲からは解放されているものの、物質として存在する世界であり、無色界は、物質が消滅して精神のみとなった世界のことであり、その最高位の天こそが有頂天です。

 最高位の天ですから、相当な修行を積まないと行くことができない天であることは確かですが、仏教はこの天に行くことを目標とはしておらず、むしろ仏教以外の宗教の最高の境地をこの段階としています。ちなみに仏教の目標とする境地は、有頂天を最高とする天ではなく、更にその上の声聞、独覚、菩薩、如来の4つです。

 これまで、他化自在天大自在天、そして有頂天と欲界、色界、無色界の最高位の天について紹介して来ましたが、更に詳しいことをお知りになりたい方には下記新書をお勧めします。仏教の世界観について一通り理解できるようになっています。




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。