スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【注意喚起!】韓国の食品から大腸菌がかなりの割合で検出 在韓日本大使館が注意呼びかけ

http://topics.jp.msn.com/wadai/j-cast/article.aspx?articleid=1987599
 雨期を迎えている韓国で、現地当局が食中毒の注意を呼びかけている。食中毒についての注意喚起は日本でも一般的だが、日本人にとってショッキングなのは、サンプル検査で大腸菌がかなりの割合で検出されたという点だ。
 在韓国日本大使館もこの点を重く見たのか、韓国側の発表資料を翻訳してウェブサイトに掲載。日本人向けにも注意を呼びかけている。

■菌が検出された店に対しては営業停止などの行政処分

 韓国の食品医薬品安全庁では、6月17日から7月3日にかけて、夏に多く消費される食品を調理・販売する店や大型スーパーなど全国1599か所で冷麺など2038件を検査し、その結果を2013年7月18日に発表した。
 検査対象は、(1)冷麺、コングクス(豆乳に麺を入れた料理)775件、のり巻き・寿司822件、弁当85件、かき氷・サラダ295件、食用氷61件の計2038件。
 そのうち2.9%にあたる59件で大腸菌などが検出され、地方自治体に営業停止などの行政処分を依頼した。
 菌が検出された内訳は冷麺、コングクスから大腸菌47件、のり巻き8件から大腸菌、4件から「セレウス菌」と呼ばれる食中毒の原因になる菌が検出された。弁当、かき氷・サラダ、食用氷からは検出されなかった。
 大腸菌は腸の中に存在することから、食品から大腸菌が検出されるということは、糞便で水が汚染されている可能性を示している。セレウス菌は土など自然界で広く分布しており、高温にも耐えることで知られている。
 現地でも事態を重く見たのか、菌が検出された59件の店舗名と住所を公表。全体の28.8%にあたる17件がソウルと近郊の仁川(インチョン)が占めている。

■レストラン利用する際は衛生環境を確認するように呼びかけ

 同庁では調査結果を受け、飲食店に対しては(1)夏の食品調理や保存方法(2)食材原料の管理方法(3)食器やふきんの使い方、について改めて啓発活動を行い、一般消費者に対してはレストランを利用する際には衛生環境を確認するように呼びかけている。
 日本でも「O157」として知られている腸管出血性大腸菌による食中毒が問題になることはあるが、これほど大規模に汚染が明らかになるのは珍しい。
(ここまで)

 これ、韓国だけの問題ではない。日本にも朝鮮料理店が多数あり、キムチをはじめとする各種食材を韓国から輸入していることが多い。実際、先日仕事上の飲み会が朝鮮料理店であり、その店員(自ら在日とカミングアウトしていた)が自慢げに「殆ど韓国から輸入している」と話していたのを聞いてゾッとした記憶がある。

 今後、飲み会などで朝鮮料理店が会場に選ばれた場合、幹事にキャンセルして他を当たるように勧めましょう。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。