スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言論封殺組織「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」(SWC)

 サイモン・ヴィーゼンタールはオーストリア出身のユダヤ人で、第二次大戦後、「ナチ・ハンター」と称してナチ関係者を執拗に追い回し、イスラエル諜報機関と結託して、ナチ関係者を拉致し、裁判にかけて「処刑」して来た人物です。

 1977年にはロサンゼルスに「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」という組織を設立し、ナチ関係者の追跡のみならず、ユダヤ人迫害に疑義を唱える言論や、ユダヤ人によるパレスティナ人迫害・虐殺に関する言論の封殺を行って来ました。

 ヴィーゼンタール・センターの言論弾圧は日本にも及び、アウシュヴィッツのガス室に疑問を投げかける記事を掲載した「マルコポーロ」への広告差し止めの呼びかけという卑劣な手段を用いて同誌を廃刊に追い込んでいます。

 これだけでも大問題ですが、ヴィーゼンタール・センターは「マルコポーロ」関係者に「ユダヤ人理解のためのSWCセミナー」への参加を強要しています。

 更に、最近ではユダヤ人問題ばかりか、在米華人ひいては中国と連携して、731部隊や南京大虐殺を題材にして反日キャンペーンを展開しています。おそらく、ユダヤ人問題だけでは、これから先の先細りが明らかなので、「人権」を隠れ蓑とした言論封殺団体として生き残ろうと考えているのでしょう。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。