スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地金型金貨と収集用金貨

 金貨には、大きく分けて地金型金貨と収集用金貨があります。

 地金型金貨は含有する金地金の市場価格に連動して時価取引されるもので、額面は金地金の価格よりかなり低く設定されます。カナダのメープルリーフ、オーストラリアのカンガルー、中国のパンダ及びアメリカのイーグル等が有名ですが、パンダ金貨には偽物が多く流通しており、且つ品位も劣るので、お勧めできません。

 収集用金貨は金地金の市場価格を大きく超える固定価格で販売されるもので、額面は金地金の価格より低く設定される場合が多いです(日本が発行した10万円金貨は例外)。南太平洋を中心とするミニ国家や日本が販売していますが、地金の価値との乖離を考えると、ぼったくりとでも言うべきものですので、コイン収集の趣味がない限りお勧めしません。


image57112.jpg
天皇在位60周年記念金貨

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。