スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロシア武装部隊が乗員を船に監禁」とグリーンピース「発表」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130920-00000017-jij_afp-env
【AFP=時事】国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)は19日、北極海の石油採掘に対する抗議を行っていた同団体の船舶にロシアの武装部隊が突入し、全乗員が一つの部屋に監禁された、と発表した。

 同団体の船舶「アークティック・サンライズ(Arctic Sunrise)」上からAFPの電話取材に応じた活動家の一人は、自分を含む乗員29人が食堂に監禁されていると話した。また、先にロシア沿岸警備隊に拘束されていたメンバー2人も同じ部屋に入れられているという。2人は18日、ペチェラ海(Pechora Sea)にあるロシア国営エネルギー大手ガスプロム(Gazprom)所有の石油プラットホームによじ登ろうとして、後に拘束されていた。

 同団体は、マシンガンで武装した集団がヘリコプターからロープをつたって船に乗り込んできたと述べている。

 グリーンピースは、ガスプロムが石油漏れ事故を起こす危険があり、ホッキョクグマやセイウチの生息地である自然保護区が3か所ある同地域に壊滅的な被害をもたらす恐れがあると主張している。ガスプロムは、この石油プラットホームでの生産を2014年に開始する予定。【翻訳編集】 AFPBB News
(ここまで)

 ロシアは反政府的ジャーナリストを暗殺したり、政府に逆らう実業家を逮捕拘禁して企業を乗っ取ったりと、かなり乱暴なことを平気でする国ですが、口実をでっち上げてウイグル人を虐殺したり、チベット人やモンゴル人の抗議活動に銃撃を以て応じる中国ほどの無法国家ではないし、まあ親日サイトを「有害」として閉鎖させたり、国際条約を無視して日本に賠償を要求する韓国と同程度かそれよりも少しマシな国です。

 それ以前の問題として、反捕鯨目的で窃盗犯罪に及んだ前科を持つグリーンピースのこと、シーシェパード並の挑発や嫌がらせに及んでいた可能性は十分にあります。間違っても、この1件を以て、グリーンピースに同情することなきように。


シー・シェパードは「海賊」、米控訴裁が認定

http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=1698114
【2月27日 AFP=時事】米第9巡回控訴裁判所は25日、反捕鯨団体シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society)を「海賊」として認定し、日本の調査捕鯨従事者によるシー・シェパードの提訴への道を開く決定を下した。

 第9巡回控訴裁判所のアレックス・コジンスキー(Alex Kozinski)裁判長は、海賊になるために「義足や眼帯は不要」と述べ、日本の捕鯨従事者に不利な決定を下した下級審の判断を覆した。また同裁判長は捕鯨従事者を「調査員」と呼んだ。

「船で体当たりし、酸の入ったガラス瓶を投げつけ、金属で強化したロープを海に投げてスクリューや方向舵の損壊を試み、フック付きの発煙弾や閃光弾を撃ち、強力なレーザー光線をほかの船に向ける者がいれば、それは疑いようのない海賊だ」(コジンスキー裁判長)

 シー・シェパードは長年にわたり、南極海で行われる調査捕鯨を妨害してきた。日本鯨類研究所(Institute of Cetacean Research)などは、公海でのシー・シェパードの活動禁止を求める訴訟を米国で起こしていた。

 第9巡回控訴裁判所は今回の判決で、日本鯨類研究所によるシー・シェパードの提訴を認め、裁判を一審とは別の地方裁判所判事に差し戻すべきとの判断を下した。(c)AFP=時事/AFPBB News
(ここまで)

 ようやくエコテロ集団「シーシェパード」がその真の姿に相応しいものとして認定されました。一歩前進と言って良いでしょう。

 シーシェパードは海賊であるばかりではなく、ストーカー犯罪集団でもあります。シーシェパードの連中は南極海ばかりでなく、あろうことか日本国内にも堂々と入り込んで、漁師たちの漁業を妨害したり、付き纏うなどのストーカー行為に耽っています。

 にもかかわらず、こんな犯罪集団に嬉々として協力している日本人が多数存在することも事実で、少なくともこの連中にはストーカー犯罪を批判する資格はありません。


シーシェパード妄言「日本が手榴弾使用」

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-166425/1.htm
南極海で行われている日本の調査捕鯨船団に対する妨害活動を続けている反捕鯨団体のシー・シェパード(SS)が、今季2度目の妨害活動を行った。水産庁によると、SSの船が日本側の船に「異常接近して、給油を妨害」し、その際に複数回にわたって接触した。

だが、SS側は、「日本側が突っ込んできた」と独自の主張を展開。日本側が衝撃手榴弾(concussion grenade)を使用したとして非難を強めているが、海上保安庁では、使用したのは、人に危害を与えない「警告弾」だとしており、ことごとく話が噛み合わない状態になっている。
(ここまで)

 エコテロ集団『シーシェパード』が自分たちの犯罪行為を日本側になすりつけて「非難」しています。今後はカメラマンを同乗させる必要があるでしょう。そうすれば、シーシェパードの犯罪行為の数々が白日の下に曝け出されることになりますから。

 我々は南太平洋まで行ってシーシェパードに打撃を与えることはできませんが、少なくとも日本にまで入り込んでストーカー行為の限りを尽しているシーシェパードの連中に対しては、返り討ちにすることができる筈です。


捕鯨妨害船、5日にも豪から出港

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/kyodo-2012110201001850/1.htm
 【シドニー共同】反捕鯨団体「シー・シェパード」は2日、南極海での日本の調査捕鯨を阻止するため、妨害船を今月5日にもオーストラリア南東部から出港させると発表した。中米コスタリカ当局が出した危険航行容疑の逮捕状に基づきドイツで逮捕された後、保釈中に出国した同団体代表のポール・ワトソン容疑者=国際刑事警察機構(ICPO)が国際手配=も妨害活動に参加する可能性を示唆した。(ここまで)

 犯罪者ポール・ワトソンが出て来たら、何が何でも身柄を拘束して日本へ連行して欲しいものです。また、日本国内でストーカー行為の限りを尽していたシー・シェパードの連中は、各種反反捕鯨団体の逆襲を受けて最近はストーカー行為も下火になっているようですが、決して手を抜くことなく、徹底的に駆除することが必要です。


PETA「ポケモンは人間に虐待されている」

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jcast-149649/1.htm
世界中で愛されている任天堂の「ポケットモンスター(ポケモン)」について、動物愛護団体が「ポケモンは人間に虐待されている」「ポケモンを解放しよう」などというキャンペーンを展開している。

この動物愛護団体はイギリスやアメリカなど各国に拠点を持つPETA(People for the Ethical Treatment of Animals)で、2011年11月には世界で最もヒットしたゲームシリーズ「スーパーマリオ」のキャラクターが、タヌキの衣装(毛皮)を着ているとして抗議活動を行っている。(後略)(ここまで)

 エコ・テロ集団PETAがまたまた宣伝活動です。その前に著作権侵害だと思いますが、日本でもこういう輩に同調する連中がいるようで呆れます。会員の方は即退会されることをお勧めします。


プロフィール

歴史の常識を疑う@やましろや

Author:歴史の常識を疑う@やましろや
秘密結社、ミニ国家、古代文明、、、
不思議なもの、謎の多いものを取り扱って行きます。

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2
もよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。